中津川宿

中津川宿は東濃随一の賑わいを見せた宿場です。

 古くから穀物、塩、味噌、溜(たまり≒醤油)、酒、小間物、呉服、紙などの商いが盛んで、周辺の人々を集め、六斉市(月の3と8のつく日)が開らかれました。現在も、いにしえの賑わいを復活させようと、毎月第一日曜日、中津川市街地商店街で、六斎市が行われています。

美しい卯建(うだつ)の家々

中津川宿、うだつの上がる町並み 東濃中津川宿いにしえ街道中仙道中山道宿場町卯建うだつ桂小五郎木戸孝允中津川会議皇女和宮降嫁間家はざま
中津川宿、うだつの上がる町並み

卯建(うだつ)とは、隣家からの貰い火を避けるために、境に高い塀を設けその上に小屋根を置いた防火壁で、富の象徴でもありました。中津川市本町、横町、下町辺りには今も美しい卯建の家々が残り、当時の宿場の面影を伝えています。

〒508-0041 中津川市本町4丁目付近

 


中津川市中山道歴史資料館  (中山道中津川宿『旅人館』)

 中津川宿は皇女和宮降嫁の折の宿泊地のひとつであり、縁の品々が残され、また、幕末桂小五郎(後の木戸孝允)出席「中津川会議」の秘密文書等がコレクションされています。

〒508-0041 中津川市本町二丁目2番21号

TEL.0573-66-6888

間(はざま)家、大正の蔵

〒508-0038 岐阜県中津川市新町7-39

TEL.573-65-5801

■営業時間 午前9:30~午後5:00 ■休館日 水曜日・年末年始 ■入場料 無料

「間家大正の蔵」は、大正6年に建てられた鉄筋コンクリート構造の建物で、平成4年に間家から市に寄贈され市の有形文化財に指定されてました。蔵の構造的特色としては、明治以降の近代的工法と従来の土蔵造りが混在した建築方法が用いられ、当時、東濃随一の豪商と呼ばれた間家を中心とした中津川商人の資料や宿場の関係資料が展示されています。