東山魁夷心の旅路館

風景画家として独自の境地を確立し,日本美術画壇を代表する故東山魁夷画伯の版画作品(リトグラフ・木版画など)が展示されています。

1994(平成6)年に画伯からの作品500点余の寄贈により開館されました。 
画伯、若かりし頃、山口で村人に親切にされたことを後まで心に留めての寄贈だったと聞いたことがあります。今日の東山芸術となしえた縁の地で、心行くまで鑑賞できます。

[開館時間]午前9時30分~午後5時(入館受付4時30分まで)

[休館日]毎週水曜日  及び、12月25日~1月5日

[入館料]大人310円 中学生以下無料   団体260円(10名以上)

 中津川市山口1-15(道の駅賤母内) 東山魁夷心の旅路館 0573-75-5222


藤村記念館

明治5年(1872)3月25日(旧暦2月17日)、筑摩県馬籠村(現在の中津川市馬籠)に生まれる。  生家は江戸時代、本陣、庄屋、問屋をかねた旧家で 父正樹、母ぬいの間の末子、本名島崎春樹(しまざき はるき)の記念館。『夜明け前』『嵐』などの作品原稿、遺愛品、周辺資料、明治大正詩書稀覯本コレクションなど約6千点を所蔵。 常設展示室には処女詩集『若菜集』から絶筆『東方の門』までを展示されていて、一巡すると藤村の生涯をたどることができます。

中津川市馬籠4256-1 TEL:0573-69-2047

【開館時間】9:00~17:0012月~3月は~16:00)(入館は15分前まで)

【休館日】*12月~2月の毎週水曜日


熊谷守一つけち記念館

「東洋のピカソ」と賞賛されながらも、名誉、名声に頓着せず、97歳まで無欲に描き続けた孤高の芸術家。画壇の仙人とも、文化勲章を辞退したエピソードは有名です。

付知の生まれ、明治・大正・昭和にわたり日本の近代美術史に大きな足跡を残しました。

中津川市付知町7713 TEL:0573-83-0050

[開館時間]】10:00~17:00(入館は30分前まで)

[休館日]*毎週月曜日(祝日の場合は開館し翌日休館)

       年末年始(12月25日~1月5日)

[入館料]大人700円 中学生以下無料   団体600円(10名以上)



青邨(せいそん)記念館

青邨記念館は現在休館中です。

歴史画の代表的な作家として知られる前田青邨(まえだせいそん)。綿密な歴史研究の末,物語性と人物の精神的世界までを作品の中に表現した中津川出身の画家です